出会い系でLINEを交換したその日にセックスできた軽すぎる女子高生との体験談

01_20140227202055f85s

男に生まれたからには、
一度は女子高生とのセックスに溺れてみたいとは思いませんか?

今回の体験談は、女子高生とセックスした体験談です。
あ、この体験談を犯罪だと思いましたね(笑)
大丈夫、ご安心を。
この体験談に出てくる軽すぎる女子高生は、18歳以上ですから(^^)
さすがに、18歳未満の女子高生に手を出して警察に捕まるのはごめんです。

さて、女子高生なんてどこでどうやって知り合うんだ、という感じだと思うんですが、
これは隠していても仕方ないので、率直に言ってしまうと出会い系です(^_^;)
考えても見てください。
女子高の教師ならともかく、
普通に仕事して飯食って帰って寝るだけの30代のおっさんが

女子高生と知り合うには、出会い系しかないですよ(涙)

でも、逆に考えれば、出会い系を使いさえすれば女子高生と知り合えるし、
あわよくば女子高生とセックスができるわけです。

そんなに女子高生とセックスしたいか、ですって?
したいですよ(爆)
めっちゃ、女子高生とセックスしたいです。
肌にハリがあって、おっぱいもツンと上を向いていますし。
それに、セックス経験も少ないから、自分好みのセックスを教え込むことができます。

Screenshot_2014-09-13-20-16-53

今回の女子高生は、ノリは軽い女だったので
LINEを交換したその日にセックス自体はできたんですが、
セックス自体は、そこまで経験はない様子でした。
というか、
たかだか18歳の小娘が彼氏とばんばんヤリまくっているって言ったって
回数なんてたかが知れていると思いませんか?

Screenshot_2014-09-13-20-17-04
どうせ、十数回ないし数十回くらいのものでしょ。
私は、出会い系使って毎回違う女とやりまくっていますからーっ!
女子高生は、
「自分は相当痴女だから、おじさんもびっくりするよ」なんて言っていますが、
私だって、相当のセックス好きです。
出会い系で培われた女性経験人数は、女子高生などでは到底太刀打ちできませんよ。
って、子供相手に何を向きになっているんだか(笑)

Screenshot_2014-09-13-20-17-18

結局、そんなに痴女だっていうなら証拠みせてよって冗談っぽくいうと、
「いいよ」と、女子高生は挑発に乗ってくれました。

で、会って早々にラブホでセックス対決w
まさにホコタテですよね(^^)

8cbf35c3

まあ、結果は私の圧勝でしたね。
早漏で経験も浅い彼氏と大人の私を比べないで頂きたいものです。
大人のおじさんのセックスは密度が濃くてねちっこいので、
女子高生は前戯の長時間のクンニの段階で悶えて、息も絶え絶えでした。
「もう、無理」って言われてからが本番で、ようやく挿入が始まります。
01_20140227202055f85s
彼女はイカされまくって、意識朦朧。
最後の方は、私専用の肉玩具も同然でした(笑)

体験談に出てきたLINE交換した当日に
ヤレた女子高生がいた出会い系サイト→ハッピーメール

女子高生とセックスしたいなら出会い系サイトを活用するのがおすすめです(^^)

gn7dc6jIc0IQP1A1471598152_1471598203

関連記事

オススメの出会い系ランキングランキング

私自身セフレを多く作れ、セフレ体験談記事にも多くなっている出会い系ということで1位に選ばせて頂きました!!

PCMAXは2000年から運営されている老舗出会い系サイト。

日本の出会い系サイトの中で唯一テレビで特集されるほど安心安全で女性の支持も高く、サクラ撲滅運動にも力を入れています。

またエッチな写真を挙げる写メコンなどもあり、セフレ探しを目的として登録している人が多いです。

彼氏や彼女を探すというよりは遊び目的の人におすすめ。
出会い系初心者はPCMAXから始めてみるといいでしょう!

女性のタイプ
コンサバ系、清楚系、大学生
料金体制
定額制
出会える度
★★★★★

2001年から運営する老舗出会い系サイト。
ソーシャルゲームを取り入れており、ユーザーが常に遊んでいるので、アクティブ率が高いことで有名。

女性のタイプ
真面目系、お姉さん系
料金体制
ポイント制
出会える度
★★★★☆

YYC

3位

mixiが運営に乗り出した会員数No.1の出会い系サイト。

mixiならではの面白機能(グルメデート機能等)が盛りだくさん。

SNS感覚で利用できるため、学生や若いOLが多い出会い系サイト!

女性のタイプ
真面目系、清楚系
料金体制
ポイント制
出会える度
★★★★☆

現在オンライン中の女の子

ps_300_250
ページ上部へ戻る