9月はお月見♪セフレの家で団子つくって月見してみました

119070694890816323483

ハイ、ここで問題です。
9月15日は一体、なんの日でしょーかッ!

答えは『お月見』です。

皆さん、毎年かかさずお月見していますか?
私は『お月見』って言葉自体忘れていましたwww

「クロちゃん、今秋お月見だよ。一緒にやろ!」
「いいよ~(たまにはセックスするか)」

私的には、『スーパーで団子を買って、月を見ながら食べてセックス』くらいの感覚でいたのですが、「真面目に団子を作る」という彼女。
なにがセフレの気持ちを高揚させるのか、セフレの家に着いた瞬間から、二本の四季折々の風習について熱く語られました。

「クロちゃん、お月見はどんな行事か知ってる?」
「んー、月がきれいだなあっていう行事じゃない?」
「ちがうよ。農作物の豊作を願ったり、収穫の感謝をすることだよ」
「フンフン」

昔は農作物を収穫するときに、夜遅くまでかかるときもありました。
電気がなかった時代なので、その農作業中は月明かりがとっても助けになったそうなのですね。
そのため、月に感謝し、穀物を収穫する秋に『お月見』をするようになったのだとか。
よく聞くと、セフレの実家は農家なのだそうで、実家では毎年きっちり『お月見』をしていたようです。

団子は、まんまるの月をイメージしてお供えするように。
すすきは、稲穂に似ているので、お米の豊作を願って飾られるようになったのだそう。
なるほどねー(鼻ホジホジ)
萩が『神様の箸の意味合いがある』って聞いて、「へえ~」と思いました。
神様って萩(箸)を使って団子を食べるんすねww

856621a235598dece298effc31cf7a26

そんなわけで、セフレと白玉粉をこねこねして団子を作りながら、お月見の話をしていたんですが、
十五夜のお月見は、毎年、旧暦の8月15日にやるものだから「十五夜」っていうのも知りました。
今年は9月15日ですが、旧暦の日付で決まるため、今の暦だと日にちは毎年変わるそうです。

肝心の団子の味ですが、おしるこに入れて食べたらつるつるしておいしかったですw
その後はお風呂に入って、まったりエッチ。

030_20140531200805491

エッチのあとは、ぼーっと月夜を眺めてみたのですが、「来年もやろうね♡」と言われ、「ああ、来年かあ・・・」となんだか感慨深い気持ちになりました。
来年もきっと出会い系サイトをやっているんだろうなぁ。
その頃にはセフレは一体何人になっているのか…ちょっと考えるのが怖いですww

 

PCMAXの口コミなどはこちらの記事へ出会い女子満載!会員総数700万人超の巨大サイト【PCMAX】の口コミとレビュー

aaa-1

管理人が実際に経験してきた出会い系サイトを
LINEを交換した人数
実際にあった人数
エッチした人数
という基準のもと1番おすすめなサイトを教えます。

期間限定で、エッチ出来た女性の写真も特別公開中!!



関連記事

現在オンライン中の女の子

ページ上部へ戻る