セフレに呼ばれて急きょBBQに参加。と思ったら…実は乱交サークルの集まりだったw

201505031107079aa

「黒ちゃん、BBQに行こう」

いつも突拍子のないことを言うことで定評のあるセフレがいきなりこんなことを言いだしました。

「(´・д・`)ヤダ」

当然断る私。

「やだじゃない!」

「なんでこのクソ暑い中、お前と汗水たらして外に出てBBQなんかやらなきゃいけないんだよ」

「2人じゃないもん」

「え?」

聞いてみると、最近知り合った友人の所属するサークルが開催するBBQらしい。

top

「どこで知り合った人?」

「はぷばー」

「はい?」

「ハプニングバー」

お前、まだそんなとこ行ってたのかよwww

このセフレ、ハプニングバーとかSMクラブとかとにかく怪しいところが好きなんですよね。

私もせがまれて何度か連れて行ったことがあるんですが、その後も懲りずに一人で開拓していたらしい・・・。

onamae38_top1

それにしても、ハプニングバー×BBQ。

なんとなく何かが起こる予感がして、私は結局セフレの申し出にOKしちゃいましたw

当日、待ち合わせ場所に来たのはなんとバス!

そのバスは全ての窓がカーテンで閉まっており、室内は独特の空気感でした。

バスに座っている男女が、にこにこしながら私のことを見てきます。

さっきまで燦燦と照る太陽の下にいたというのに、いきなり不思議な空間にワープした感じ。

空いている席に座ろうと思ったのですが、みんな窓際に1人ずつ座っているので、セフレと2人で座るところはありません。

「こっちに座りなよ」と髪の長い女性に誘われ、私は入ってすぐの席に、セフレは一番奥の席に座りました。

バスの中はめちゃくちゃな音量で陽気な音楽が流れていて、とりあえずジーマを手渡された私は、車に乗り込んですぐにほろ酔いになってしまいました。

運転席側にはカーテンがかけられ、今どこを移動しているのか分かりません。

隣の女性にお菓子やお酒をすすめられ、なんだか遠足みたいで楽しい気分になってきた私・・・。

ところが、1時間くらいあとでしょうか。

小さな声で「あっ」という声が聞こえ、私はこのバスが異様な空気に包まれていることに気付きました。

最初は気のせいかと思いましたが、たしかに喘ぎ声がするのです。

横に座る彼女はそんな声を気にすることもなく、普通に世間話を私にしてきます。

私も最初は気づかないふりをしていましたが、その声はなくなるどころか、次第にあちこちで聞こえてくるではありませんか・・・。

ここまでくると、このバス全体がハプニングバーと化していたことが分かりました。

ふいに股間を触られる感触がして振り向くと、いきなりのキス。

え?と思う間もなく、またキスをされます。

「効いてきた?」

 

「なにが?」

「×▽○○」

また小声でなにかを耳打ちされたのですが、直後に重なった唇の感触があまりにも柔らかくて、頭からストンと抜けてしまいました。

 

ああ~~~、やりてェ~~~~!!

バスが着いたのは、きれいな空&海が見える山道だったのですが、私たちの頭はもうセックスのことしかありません。

あちこちで聞こえるあえぎ声&布のこすれる音!

結局、BBQ中、バスの中&外で3回目もやって、帰りのバスで爆睡して、充実した1日を終えることができました。

BBQ自体は本当におまけって感じでしたけどねw

さすがに写真を撮る許可は出なかったので、イメージ画像をあげときますw

201505031107079aa

 

 

夏のBBQ、最高!

乱交パーティに呼んでくれる刺激的なセフレに出会えたサイトの詳細記事はこちら→ 出会い女子満載!会員総数700万人超の巨大サイト【PCMAX】の口コミとレビュー

aaa-1

管理人が実際に経験してきた出会い系サイトを
LINEを交換した人数
実際にあった人数
エッチした人数
という基準のもと1番おすすめなサイトを教えます。

期間限定で、エッチ出来た女性の写真も特別公開中!!



関連記事

現在オンライン中の女の子

ページ上部へ戻る